重要な準備について

具体的な取り組み

東京都杉並区では、区のホームページの中に障害者が困ることや障害者を誘導するときの注意事項などを明記し、理解を求めています。
それらをまとめたものや、それ以外にも災害時に必要なものや避難場所などを書き込めるパンフレットもダウンロードできるので、杉並区にお住まいの方はぜひ、一度目を通しておくことをオススメします。

また、平成25年災害対策基本法の一部改正で高齢者や障害者など、支援が必要な人たちの名簿を作成し、自治体で把握するということが義務付けられています。
しかし、東日本大震災ではこの災害時要援護者の仕組みがうまく活かせず、たくさんの犠牲者が出る結果となってしまいました。
そのため、今後の課題として見直しも含めた検討が進められているようです。

普段から準備しておくこと

災害はいつ起こるかわかりません。
普段からの準備こそが、自分の身を守る重要なカギとなってくることでしょう。
ぜひ家族や身の回りの地域、会社などで災害対策について話し合ってみるべきです。
災害時は携帯電話が繋がらないなど、大切な人との通信も容易にできなくなる可能性が高いです。
避難するときに家にいるとは限らないので、避難場所も家の近くと勤め先の近くなど、複数の候補を挙げておきましょう。

障害者向けのチェックリストとして「国立障害者リハビリテーションセンター研究所 福祉機器開発部」の「自分で作る安心防災帳」を使ってみてはいかがでしょうか?
こちらは障害者向けという事で、自分の身体や生活・備えなどについて書き込むことができるようになっていますが、高齢者にも活用できるのではないかと思います。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top